福堂鍼灸整骨院 深江院-阪神深江駅より30秒!

078-451-2222 受付 8:30-12:00/15:30-19:30
メニュー

骨盤矯正

Pelvis correction

あなたの骨盤歪んでいませんか?

どれか一つでも当てはまったら
骨盤が歪んでいるかもしれません!

  • 産後、腰や身体の調子が良くない
  • 生理痛が年々ひどくなってきている
  • 慢性的な腰痛がある、定期的にぎっくり腰をしてしまう
  • 靴底の外側だけいつも磨り減る
  • 重心に偏りがあるのが気になる、同じ足に体重をのせてしまう
  • いつも同じ方の手でかばんを持つ
  • 左右の足の長さの違いが気になる
  • 下半身太りが気になる
  • スカートがまわってしまう

歪みの原因2パターン

骨盤が歪む原因は大きく2パターンあります

出産を経験したことによって骨盤が歪むパターン

産後の骨盤矯正

日々の生活習慣によって骨盤が歪むパターン

日常生活からくる歪み

産後の骨盤矯正

産後の体型変化には、骨盤の歪みが大いに関係しているため産後に体重は戻っても体型が戻らずに悩んでおられるママがたくさんいます。産前の体型に戻すためにも骨盤矯正は有効な手段です。

どうして産後に歪むの?
出産で一度開いた骨盤が、元に戻るときに歪みを伴ってしまいます。

妊娠中に赤ちゃんを生むための準備を身体がするために骨盤が開きます。出産後、開いた骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、妊娠中の身体のバランスの変化や、横座り、授乳の体勢による猫背、足組みなどをしていると骨盤が正常な位置に戻りづらくなり、結果歪んでしまいます。

骨盤が歪んだままであると、骨盤周辺の血流が悪くなり、脂肪の燃焼がうまくいかなくなってしまうため太りやすくなってしまいます。産後にぽっこりお腹が治らないというお悩みが出てくる原因のひとつです。

その他にも骨盤は身体の中心にあるので肩こり、腰痛をはじめむくみや冷え性、不妊などの婦人科系のトラブルにもつながってしまいます。

産後の骨盤矯正いつからはじめられるの?
産後1か月以降を推奨しております。

出産直後はリラキシンという関節や靭帯をゆるめる作用があるホルモンが分泌されているのと、出産で消耗した体力の回復を待って産後1か月後以降からはじめることを当院では推奨しております。

日常生活からくる歪み

何をやっても改善しない腰痛・肩こり…原因は「ゆがみ」のせいかも!?
どうして骨盤が歪むと身体に不調が起こるのか?骨盤の歪みは、痛みや疲れのループを引き起こします。

  1. 1
    骨盤の歪みは、やがて筋肉にも影響してきます。

    身体の中心にある骨盤が歪むことによって、腰だけでなく身体の節々にまで影響が出てきます。

  2. 2
    ゆがんでいることが原因で血液やリンパの循環がせき止められます。

    例えるなら、水道のホースを足で踏んでいるような感じです。詰まった部分に本来流れるはずのものが溜まっていってしまいます。

  3. 3
    とどこおった部分にどんどん溜まっていきます。

    この「とどこおり」に溜まった痛みが、ゆがみのせいで悪循環を引き起こしているのです。

  4. こんなクセがある方は要注意!

    ● 足を組んで座る
    ● 同じ方に体重をかけて立つ
    ● うつ伏せで寝ている
    ● よく猫背だと言われる

福堂式骨盤矯正法

当院独自の骨盤矯正法です。骨盤矯正を行うと身体の様々なお悩みの改善が期待できます。

どういう
施術をするの?
骨と筋肉の両方からアプローチ

福堂鍼灸整骨院では悪の根源「ゆがみ」に対して、骨と筋肉の両方からアプローチをしてゆがみを正しく改善していきます。無理やりチカラを加えてボキボキしないので、痛くありません。施術のプロが施す一級の手技と骨盤矯正が、あなたの悩みに応えます。

長年肩の痛みで悩まれていたのに、当院で骨盤矯正をしたことによってその悩みから開放されたという方、頭痛の頻度が減った、背中のスッキリ感が全然違う、がに股が改善された…など、腰以外に効果を実感される方もたくさんおられます。

施術の受け方

骨盤の正しい位置を身体に覚えさせていきます。

骨盤矯正を受けて骨盤を正しい位置に導いても、身体が悪い状態を記憶してしまっているので、楽な元の位置(ゆがんでいる時の状態)に戻ろうとしていきます。正しい骨盤の位置を身体に覚えさせていくために最初は7日~10日に1度を目安に続けていただき、安定してきたら間隔を開けていくというのがオススメの方法です。一度体験してみてください。

施術料金

1回3,800円

※お身体の状態によって施術できないことがございます。ご了承下さい。
妊娠している方、人工関節が入っている方、先天的に股関節が浅い方…など

このページのトップへ